各治療薬のメリット

Take medicines

ヘルペスの治療薬であるバルトレックスとバルシビルの大きな違いはその価格にあります。
バルシビルはバルトレックスのジェネリック医薬品であることから、主な成分や効果をそのままに、価格を大幅に下げることが可能となっているのです。
となればヘルペス感染に悩む人は迷わずバルシビルを購入するのではないかと思われることでしょう。
もちろんそう単純にいかない理由があるのです。

バルトレックスは日本でも認可の下りているヘルペス治療薬であることから、医療機関で処方されることも多い医薬品です。
ヘルペス治療薬として有名であり、その効果も充分信頼することができるため、医師としても患者としても心強い存在なのです。
一方でバルシビルは日本で認可がまだ下りていない医薬品です。
そのため、実は医療機関から処方してもらうことができません。
バルシビルは主に通販サイトで購入することになります。
最近では医薬品を通販サイトから購入するということも珍しくなく、診察費などが不要であることから近年利用者が増えています。
それならやはりバルシビルを購入するのでは、と思いがちですが、バルトレックスは昔からヘルペス治療薬として高い支持を得てきた医薬品でもあります。
実際に処方されているケースはこれまでに多く、その効果もしっかり証明されています。
その反面バルシビルは、バルトレックスに比べれば、ジェネリック医薬品であるとはいえまだまだ患者からすれば不安要素の強い治療薬でもあります。
つまり、安心感を取るか低コストを取るかといった各自の問題なのです。

どちらにしても医療機関からヘルペス治療薬を処方してもらうより、はるかに安い価格で購入することができます。どちらの医薬品を使うにしても、通販サイトを利用して購入することはオススメです。